FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

serendipity  

三浦海岸を探訪。

反政府(PAD)のタクシン首相への抗議にインスパイアされたのか、
原油高騰、温暖化への無血抗議なのか、
イデオロギーの固まりのみをポケットにポンコツ京急による
鈍行探訪。

DSC01262.jpg

天網恢々疏にして漏らさず。
善行は神との出会いをもたらした。


DSC01271.jpg
スポンサーサイト

the twilight of life. 

サトウキビ畑をかけぬけケラマの丘にたどり着く。

海に潜る鯔。
それを置いてキビナゴを投げる欅と九鬼と僕。

フルスイングしたのは欅であった。

DSC01170.jpg

クタよりも透明度が高いことに驚愕する。
丘を駆け抜けるとそこには薬莢が落ちていて60年前の激戦の足跡が。

黄昏の景色は一生の宝物だろう。

DSC01182.jpg



鯔の水着、80年代だな・・とふと思いながら、1日が映画のように過ぎていった。

DSC01197.jpg

Afterwards 

たしかこの時は仕事のトラブル真っ最中。

僕は南へと向かったんだっけ。
蝉と鯔、そして鱒夫妻。加えてメディチ家の価値観を持つ女。

1972までパスポートが必要だったその国は
僕が20代前半に訪れた時、海と日本兵の亡霊に驚愕した国。
そこは首都圏と違う時間軸があったっけ。

みんなを誘ったカレー屋。
だれかが推奨した居酒屋。

そんなGDPの足を引っ張る街と、その時の自分を重ね合わせていたのかもしれない。
ブータンの国民総幸福度を日本も制定すればいいのに。

DSC01189.jpg




The gentle world 

今日の帰り道。

ガーデンウォークの出口に一人で雨宿りしている女の子が立っていた。
突然降り出した雨に立ちすくんでいたようだった。

僕は傘をさしていた。

無意識に傘を差し出す僕。
男の下心でもなんでもなく慈愛の精神が勝手に働いたようだ。

この子がJapaneseだったら・・決して僕は傘を差し出さなかっただろう。
黒目・黒髪のSpanish。
レオンのマチルダのような優しい世界観にドラマのような行動を生まれて初めてしてしまった。


優しい世界観・・見渡すと僕はなんとなーく本能で純粋で優しいモノを好む傾向にあると思った。

愛車:ワーゲン
携帯:NOKIA
PC:MacBook Pro
愛犬:真っ黒のラブラドール

とんがったものでなく、かつ日本人や日本製のようなインターフェイスのみにこだわっていない優しい世界観を持った利権がにおわないモノ。


そんなアイデンティティがいつぞやから染み付いている。
効率よく生きている人やギラギラした人、やっぱり苦手です。


DSC01210.jpg












conclusion 

かくして構想半年に渡るSavicevic Filmsの作品が完成し放送事故もなく無事に
本番を終えることができた。

この日ばかりは感無量で燃え尽き症候群であったが、瑪瑙色の瞬間であったことには
間違いないだろう。

DSC01141.jpg

DSC01147.jpg

DSC01155.jpg





またひとつ、人生のベンチマークができた・・そんな6ヶ月だったのではないだろうか。

DSC01161.jpg





素晴らしきヒンバ族のアイデンティティ。
DSC01162.jpg

| HOME |

 calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2008/10 »11

 プロフィール

N

Author:N

 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 FC2カウンター

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。